スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スピーチ 

「え。。。あの。。。その~~。。」って人前で喋るのって結構難しいよね~。
皆が注目して緊張するしー、声震えるしで、もうグダグダ240
場慣れすればもっとまともな事話せるのかもしれないけど、そんな場慣れするほど、人前で
話す機会なんてないっす!ごいすーー!

んで話す内容とかのコツを幾つかしっとくとーー、すこしはましな話が出来て、多少緊張せんですむかも!

そっち関係の事が記事にしてあったのでちょっと引用します。

  1. 観客と仲良くなろう

  2. もしスピーチの前に時間があるなら、会場にいる人となるべく話すようにしましょう。自己紹介をしたり、質問したりしてうちとけておくと、実際にスピーチをする際にぐっと楽になりますよ。


  3. 胸を張ろう!

  4. 胸をぐっと突き出すことによって「権威」を演出することができます。しなだれた格好では誰も話をきいてくれませんよ。


  5. 舌をかもう

  6. 口が乾いてきたら軽く舌を噛みましょう。すると唾液が出てきてうまくしゃべれるようになります。オペラ歌手はこのテクニックをよく使いますよ。


  7. アイコンタクト!

  8. 視線に力がなければ自分の言っていることを相手に信じてもらえません。強く主張したいときには会場の誰かを選んでキッと強い視線を送ってあげましょう。またなるべく多くの人とアイコンタクトをとりましょう。


  9. 沈黙をうまく使いましょう

  10. 観客の注意をひきたいときは急に黙ってしまいましょう。そして「床にピンが落ちる音が聞こえるまで」会場を静かにさせてしまうのです。そうすれば観客はみんなあなたのことに注目しますよ。歌手がよく使う手ですね。


  11. 空気を読もう

  12. 終わり時は大事です。きちんと聴衆があなたの話についてきているか定期的にチェックしましょう。どうもうまくいかない、というときはお礼をいってステージを降りてしまいましょう。スピーチの内容よりも、「あの人は空気を読める人だ」という好印象が大事なときもあるのです。


  13. 一に練習、二に練習、三に練習・・・

  14. 歌手が歌を覚えるように自分のスピーチを覚えて練習しましょうね。



以上7つ
30すごいスピーチをするには? | P O P * P O P より引用
http://www.popxpop.com/archives/2007/06/post_283.html

ぶつけ本番で挑むより上記7項目を頭にいれて前準備(練習等)をしておけば
ちょっと自信がついて、言いたい事が伝わるかも
スポンサーサイト
[ 2007/06/14 11:59 ] surimin | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumamotobf.blog78.fc2.com/tb.php/104-a4828d39







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。